こだわりのウェディングムービーならリコウェディング

2015.10.6

写真の選び方【エンドロール】

結婚式の締めくくりを飾るエンドロールは、

プログラムの最後の見せ場でもあります。

写真の選び方や演出を少し工夫して、

印象に残るフィナーレにしましょう!

 

最近よく見るのが、「撮って出し」と言われる

当日の様子を撮影し、エンドロールに使用するもの。

来てくれたゲストが映ることもあって、とても感動する演出ですよね!

しかしデメリットもあります。

まずは、他のエンドロールに比べてお値段が高いこと。

式場で頼むとだいたい10~20万円ほどしてしまいます。

もうひとつはカメラマンの腕に左右されてしまうということ。

サンプルの映像を撮っていた人と、当日の担当者は同じとは限りません。

実際のエンドロールを見て、こんなはずじゃなかった!なんてことも…

 

一方で写真を使用するエンドロールは、

ご自身で納得したものを上映することができます!

そして、写真の選び方を少し工夫すると

撮って出しにも負けない、

心に残るエンドロールにすることができますよ^^

 

エンドロールの写真の選び方には、いくつかパターンがあります。

色んな写真を混ぜるよりも

1つ(または2つ)のパターンに絞ると綺麗にまとまりますよ♪

 

①成長の記録写真をメインに使う

プロフィールのように小さい頃から今までの写真を使用します。

ご家族や親せきの方はとても感動するでしょう。

ただ、プロフィールと同じ写真ですとゲストが飽きてしまうかもしれません。

 

②ゲストとの写真をメインに使う

来てくれたゲストに感謝の気持ちを伝えたい、という方におすすめ。

流れてくる名前やメッセージと合わせるとより感動的です。

ゲストの注目を集めること間違いなしですね。

 

③新郎新婦の写真をメインに使う

前撮りの写真などを使用した、

例えるなら撮って出しの静止画バージョンです。

最後まで結婚式の特別な雰囲気を大切にしたい方におすすめです。

前撮りの際に、まるで当日のようなイメージ写真を撮っておくといいでしょう!

 

そして、私のオススメはこちらです!

 

④結婚式当日までの写真をメインに使う

まるでメイキングのように、当日までの準備や打ち合わせ風景などを記録し

エンドロールに使用しましょう!

ピースサインや集合写真ではなく、あくまでも自然な写真がおすすめです。

 

<例>

新婦が真剣にウェルカムボードを作っている横顔

衣装選びで新婦を見る、新郎のほころんだ表情 など!

 

新郎新婦がどんな気持ちで

この結婚式を迎えたのかがゲストの方にも伝われば

より感動的なエンドロールになるはずです!

③のお二人の写真と合わせてもいいかもしれませんね★

 

いかがでしたか^^?

結婚式のフィナーレを飾る大切なエンドロールです。

是非、お二人の納得の1本を仕上げて上映しましょう♪

 

リコウェディングのウェデングムービーはこちらです。

ウェディングムービー一覧

 

 

 

 

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

| 記事一覧 |

ムービーボタン