こだわりのウェディングムービーならリコウェディング

エンドロールについて

エンドロール、式全体を通して最後に流れる映像です。

エンディングと言われるときもありますね。

結婚式の最後の見せ場になります。

最近だと、その日の映像を使って最後に流すなんていうのが流行っています。

その場で、編集してその日に流すので、かなり臨場感のある映像になりますよね。

でも、それはある種ぶっつけ本番でもあるわけです。

カメラマンの腕に左右されてしまうため、ちょっと微妙・・・なんてこともあります。

でも、臨場感がある分どんな映像でも無難にまとまります。しかしあくまで、無難です。

じゃあ、有名なカメラマンに頼もうって思うと意外に料金がかかってしまいます。

エンドロールにお金がかかって他のにあまりお金が掛けられないなんてことも・・・。

それに、最近では当日の映像を使うのが多くなっていて目新しさはなくなって来ました。

エンドロールは、確かに式の最後ですが、それほど終わりを意識しなくてもいいと思います。

例えば、ここでもゲストの方にメッセージを書いてみたり。

これから、二人の抱負を書いてみたり。

こちらもありきたりですが、流行り廃りではなくて、やっぱりゲストの方に想いが伝わる式にしたいですよね。

もちろん、当日の映像を流すのが悪いわけではありません。

式の中で、ハプニングなどあったときには当日の映像を見て盛り上がることもあります。

つまりは、ゲストにどんな風に楽しんで貰いたいか。そこにつきると思います。

ウェディングムービーコラム一覧へ

ムービーボタン