こだわりのウェディングムービーならリコウェディング

2015.9.4

泣けるプロフィールビデオをつくるコツ

ウェディングムービーは、

見ている人がワクワクするような楽しいイメージのものから、

心をジーンとさせる感動的ものまで、さまざまな種類があります。

どんなムービーにしたいかは新郎新婦のお二人次第ですが、

今回は、ゲストも思わず泣いてしまうような

感動するプロフィール映像をつくるコツについて

お伝えしたいと思います♪

 

まず1つ目は、『テキストの内容』です。

 

★point① そのときのエピソードが分かるように!

短すぎる箇条書きのようなコメントですと、

見ていて感情移入しにくいものになってしまいます。

できるだけ、エピソードや当時の様子を添えましょう♪

【例】

× 小学2年から野球を始めました

○ 小学2年の時、大好きな兄に憧れて野球を始める

○ 小学2年から始めた野球のおかげで、足が速くなりました!

 

★point② 素直な気持ちを伝える!

普段言えないような感謝の気持ちや、

あのときは言えなかったけど、今なら言えることなど、

できるだけ素直な気持ちを言葉にしましょう。

そのときは、誰に向けての言葉なのかを

分かりやすくするのもポイントです!

【例】

× 高校を卒業して上京しました

○ 高校を卒業し、初めての一人暮らし。家族のありがたみを改めて感じました

○ 高校卒業後は東京へ。空港で見送ってくれた○○、本当にありがとう

 

 

2つ目は『写真』です!

 

point★記念写真ばかりを選ばない!

写真を選ぶ際、どうしても顔の映りが良いものを選んでしまいがちですよね。

ですが、集合写真や同じ構図の写真が続くと

見ている方も飽きてしましますし、

そのときの情景が浮かんできません。

自然な笑顔で笑っている写真や、泣いている写真など

まるで”日常の1シーンを切り取ったような写真”を混ぜると

より当時のエピソードが伝わります。

集合写真などきちっとした写真と、自然な写真をバランスよく選びましょう♪

※プリクラやピンボケ、暗すぎる写真などはできるだけ避けた方が良いです

【例】運動会のエピソード

× 全校生徒の集合写真

△ 応援団での集合写真

○ 徒競争で走っている写真

○ 負けて悔しくて涙目の写真

 

 

 

3つ目は『BGM』です!

 

point★感動ソングを選ぼう!

CMなどでも、感動的な音楽が流れているとそれだけでうるっと

してしまうことありますよね。

ピアノやオルゴールのような しっとりと静かな曲でなくても、

感謝の気持ちが伝わる曲、愛をテーマにした曲など

お二人の気持ちにマッチした曲が良いと思います!

プロフィールで2曲使用したいという方は、

1曲目に明るめの曲、2曲目に感動曲という順番で構成すると

見ている人の気持ちがより引き込まれます!

コメントの内容をより強調したいという方は洋楽もオススメです。

そのときは歌詞のチェックも忘れずに♪

【人気の感動ソング】

●「The Gift」-Blue

明るく爽やかなのに感動する、結婚式の大人気ソング!

●「糸」-Bank Band

中島みゆきさんの名曲をBank bandがカバー。

美しい歌詞に、ご両親もついうるっときてしまうかも。

●「生きてこそ」-Kiroro

両親へ向けた素直な言葉がより感動を誘います。

●「What do you got」-Bon jovi

カッコいいロックな音でもジーンとくる!

新郎パートにマッチする1曲

 

 

 

いかがでしたか?

ご紹介したような「テキストの内容」「写真」「BGM」が揃ったら

とっても感動するウェディングムービーになること間違いなしです!

是非参考にしてみてください!

 

リコウェディングでは、

感動のウェデイングムービーをさらに追加予定です★

是非チェックしてくださいね^^

ウェディングムービー一覧

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

| 記事一覧 |

ムービーボタン