こだわりのウェディングムービーならリコウェディング

2015.9.6

失敗しないエンドロールの作り方

結婚式のフィナーレを華やかに演出するエンドロール。

今では、エンドロールのない式の方が少なく感じるほど、

大人気なウェディングムービーのひとつです。

 

そんなエンドロールですが、

ゲストの名前をどんな順番で載せたらいいの?

と悩んでしまう方が多くいらっしゃいます!

今回は、ゲストリストを載せる際の注意点についてご紹介します♪

 

 

★全体の順番

まずは、全体をみたときに

新郎様側のゲスト→新婦様側のゲスト

の順番になるようにしましょう。

 

 

★グループ分け

次にグループに分けて行きます

 

・来賓(主賓から並べましょう)

・職場(上司、先輩、同僚、後輩)

・友人(大学、高校、中学、小学校)

・親戚(父方、母方で分けます)

・家族(ご両親は最後)

 

エンドロールにメッセージを入れたい!という方は、

一人一人に向けてではなく、

小さなグループごとでまとめるのがオススメです★

(会社先輩へ、高校時代の友人へ、など)

 

 

★役職、敬称を忘れずに

ゲストのお名前には、きちんと役職や敬称を付けましょう。

ただ、ご両親には「様」などの敬称は必要ありません。

あくまでも結婚式はご両家のものですので、

お名前のみで良いでしょう。

 

 

★スクロールの速さを確認

流れてくるテキストの速さを確認しましょう。

テキストの量が多いと、

いざBGMの時間内に収めてみたら速かった!

ということがよくあります。

その場合は、制作側も行間を詰めたり、文字をやや小さくするなどして

できるだけ対応しますが、

メッセージの量を調節していただくか、

BGMを変更していただくこともございます!

それでも、スクロールの速いエンドロールになるよりは

ずっと良いと思いますよ♪

 

 

★感謝の気持ちが伝わるエンドロール

エンドロールは式のフィナーレを演出するものでもありますが、

来てくれたゲストへ、感謝の気持ちを伝えるものでもあります。

映像の最初と最後には、お二人の言葉で

メッセージや決意などを入れると、より気持ちが伝わる映像になりますよ♪

サンプルの映像にはなかったとしても、

ご希望でしたら前後に付け足すこともできます。

 

 

いかがでしたか?

やはり、エンドロールがあると式が引き締まりますし

お二人にとっても、ゲストの方にとっても、

心に残る結婚式になるのではないでしょうか♪

是非、参考にしてみてくださいね^^

 

リコウェディングのエンドロールはこちらです!

エンドロール一覧

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

| 記事一覧 |

ムービーボタン